instantLP標準搭載でSEO設定をカンタンに変更できる劇的便利なテーマオプション機能とは

こんにちは、運営事務局です。

本日は「テーマオプション」についてご説明いたします。insntantLPはランディングページ作成に特化したテーマということもあり、テーマオプションにはSEO設定やアクセス解析タグの設置などあらゆる機能を詰め込んでいます。

実は最近増えている多くのテーマでは、SEO設定自体がそもそもできなかったり、外部プラグインで別途設定してくださいといった仕様が増えています。

instantLPではこのテーマオプションですべて一元管理ができますのでシンプルなランディングページ運用を実現しています。ぜひご参考くださいませ。

テーマオプションは「外観/テーマ」のなかにあります。

なかに入ると5つのメニューで構成されています。

1. サイト全体設定
2. SEO基本設定
3. その他/拡張機能
4. カラー/共通設定
5. サイドバー設定

簡単にひとつずつ説明していきます。

1. サイト全体設定

ヘッダータイトル
ロゴ設定がない場合に表示されるテキストタイトルです。

ヘッダーサブ 
ロゴ(or テキストタイトル)横に表示される補足タイトルです。スマホは上部

ヘッダー文字1
ヘッダーの中央あたりに表示される補足テキスト(上側)です。スマホは非表示

ヘッダー文字2
ヘッダーの中央あたりに表示される補足テキスト(下側)です。スマホは非表示

フッター文字1
ページ最下部のフッターエリアに表示されるテキスト(左側)です。

フッター文字2
ページ最下部のフッターエリアに表示されるテキスト(右側)です。

2. SEO基本設定

instantLPは基本的なSEO設定をテーマオプション内で管理できます。主に設定できる項目は「Title、Meta Keyword、Meta Description」の3つ。

普段はあまりSEOを意識しなくても良いように作成ページ側の「タイトル、メタキーワード、メタディスクリプション」が優先的に上書きで設定されます。

各ページ側での設定箇所

各ページ側で以下の設定項目が埋まっている場合は優先してSEOに上書き設定されます。空白の場合は“テーマオプション内の値”が自動的に適用されます。

タイトル(SEO Title)

メタキーワード(Meta Keyword)

メタディスクリプション(Meta Description)

テーマオプション側の値がデフォルトで設定されて、もしページ側で変更したい場合は各々項目を埋めていくと上書きされると認識すれば覚えやすいです。

3. その他/拡張機能

Google Search Console
Googleサーチコンソールの設定を追加可能です。設定は「HTMLタグの方法」で取得したタグを1行のみ差し込んでいただくだけのワンタッチ設置です。

カスタムJS
Googleアナリティクスなどのアクセス解析タグを設置可能です。指定タグに含まれるコメントアウトタグのみ省いてご設定いただくと正しく認識されます。

カスタムCSS
Webクリエイター様へ向けた追記CSSが書ける拡張ボックスです。全ページに共通で読み込まれるCSSを記述いただきカスタマイズにご活用いただけます。

▼実際に設定した例)

4. カラー/共通設定

テーマ側のカラーリングを調整可能です。Free版でも色変更は可能ですが、より細かく変更されたい場合は「通常版(Freeがない方)」をご活用ください。

5. サイドバー設定

ブログ投稿用ページと固定ページ(LP/通常ページ用)で各々、サイドバーへ表示させる項目を自由に変更可能です。

LP作成に特化した無料テーマ↓

最終更新日:2018/11/07

記事にコメントを残す

※メールアドレスは公開されません

トラックバック用URL